専業主婦でも借りれるキャッシング

専業主婦でも借りれるキャッシングとは

無収入の専業主婦でも会社員の様に配偶者に毎月安定収入があれば、銀行のカードローンで借りられます!
理由は生活費をやりくりして返済できるから。
主婦自身が働いていなくても、収入源が確保できているので借入OKです!

専業主婦がカードローンで借りるために必要なもの

身分証明書

申込者が確かに申込んだのか、成りすましなどがないかを確かめるための身分証明書が必要です。
一番良いのが運転免許証、持っていなければ健康保険証やパスポートでも構いません。

夫に毎月安定した収入がある

アルバイトでもパートでも、毎月給与として収入があれば大丈夫です。
金額は関係ありません。
正社員でなければいけないこともなし。
1年を通して平均的に同じ額がもらえていることが大切で、月によって大きく上下しなければ安定収入としてみなされます。

家族に内緒で借りられる!その理由は?

旦那の同意書不要

申込時に職業の選択があり、専業主婦であることを選択します。
審査時に専業主婦であれば主婦本人と配偶者も審査されます。

 

審査では契約者本人であることの確認が取れることと、返済能力があることが重視されます。
きちんと返済できる見込みのある人が審査に通過し、お金を借りることができるので、旦那の同意などは求めません。

収入証明書不要

銀行カードローンごとに収入証明書を提出しなければいけない金額が決まっています。
その金額は低い銀行でも100万円。
専業主婦はそこまで高額借入はできないので、提出の必要がないのです。

専業主婦が借りられる最高限度額

返済が負担にならないように制限されています。
どんなに多く借りれる主婦でも30〜50万円まで。

 

返済能力次第で利用限度額が10万円や20万円など、低くなることもあります。

専業主婦の最高借入額と収入証明書提出金額

銀行
カードローン
専業主婦
借入極度額
収入証明書
提出希望金額
イオン銀行
カードローンBIG
50万円まで 300万円以上
セブン銀行
カードローン
50万円まで -
楽天銀行
スーパーローン
30万円まで 300万円以上
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
30万円まで 100万円以上
じぶん銀行
カードローン
30万円まで 300万円以上
みずほ銀行
カードローン
30万円まで 200万円以上
東京スター銀行
スターカードローン
制限なし 300万円以上
新生銀行
カードローン
レイク
30万円まで 100万円以上

−:専業主婦に限らず最高限度額が50万円のため収入証明の提出は不要

審査で気になる在席確認

キャッシングの在席確認は断ることができず、電話連絡無しのカードローンはありません。
必ず行われますが、ローン会社も在席確認は嫌がられるものと理解しているので、誰しも知られない配慮があります。

  • カードローン名を名乗らず、個人の苗字で連絡する
  • 出かけているなど不在でもその場にいないことがわかれば、確認が取れたとみなす
  • 連絡して欲しい時間や避けて欲しい時間を伝えていればその通りにしてくれる

在宅確認はただの連絡にすぎないことを理解していれば、必要以上に心配することはありません。

旦那の会社への在席確認はない

同意書と同じで、本人の確認だけが必要なので、家族は関係なし!
キャッシング会社が配偶者の会社に連絡することはありません。
ローンの申込はばれません。

専業主婦は消費者金融では借りられない

2010年6月に総量規制が始まりました。
お金を貸す会社(貸金業者)が絶対に守らなければいけない法律(貸金業法)です。
貸しすぎ・借りすぎを防止し多重債務者を出さないために作られ、一定の審査基準を満たしていること、貸し出す金額を制限することなどがあります。

 

この法律では収入のある人で、最高に借りれても年収の1/3までしか借りられないと決められています。
専業主婦は年収がゼロなので、最初から借りる資格がありません。

 

しかしこの法律は貸金業者専用で、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠を利用した現金の借り入れが該当。
貸金業者ではない、銀行法を基にする銀行は総量規制は関係ありません。(総量規制対象外といいます)

 

総量規制により専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンからしか借りられなくなりました。

 

関連サイト

専業主婦がお金を借りる
・http://www.mitaakira.com/
専業主婦が申し込み可能なカードローン会社がわかります。
各社の金利がまとめられているので、低金利な借入先を見つけることができますよ。


このページの先頭へ戻る